植物性ステロール

植物性ステロールには、食事から摂るコレステロールの吸収を抑える作用があります。

植物性ステロールとは?

植物性ステロールとは、植物の細胞を構成する成分の1つで、野菜・大豆・米などに含まれる天然成分です。

広く植物に含まれている植物性ステロールですが、特に豆類や穀類の胚芽に多く含まれています。

植物性ステロールには、体内において食事から摂るコレステロールの吸収を抑える作用があると言われており、その結果、血中の総コレステロールや悪玉コレステロール(LDL)の数値が下がるとされています。

植物性ステロールの構造はコレステロールと非常によく似ていますが、体内にはほとんど吸収されないそうです。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

植物性ステロールがコレステロール値を下げる

コレステロールは、私たちの体の小腸の中で、胆汁酸のミセル(水との親和性の大きい微細粒子)に溶けて体に吸収されるのですが、植物ステロールも体内においてコレステロールと同様に、胆汁酸のミセルに溶けて吸収されます。

植物ステロールとコレステロールは競い合って、胆汁酸のミセルに取り込まれようとするのですが、結果的に胆汁酸ミセルに入れなかったコレステロールは、吸収されずに便とともに排泄されます。

以上のような仕組みから、植物性ステロールを摂取すると血中のコレステロールが低下するといわれています。

また植物性ステロールは体内にはほとんど吸収されず、胆汁酸ミセルに入れることができなかったコレステロールとともに体外に排泄されます。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

コレステロール@健康メモの項目タイトル