コレステロールを下げる食品

コレステロールを下げる食品には「不飽和脂肪」の多い食品や食物繊維などが。

コレステロールを下げる「不飽和脂肪」の多い食品

肝臓でのコレステロールの合成は、食事の内容によって変化すると言われており、

同じ脂肪でも、「飽和脂肪酸」の多い食品を摂取するとコレステロールを合成する機能が高まり、「不飽和脂肪」の多い食品をとるとコレステロールの合成が減ります。

なのでコレステロールを下げるには、「飽和脂肪酸」の多い食品をなるべく控え、不飽和脂肪酸の多い食品を摂取することが効果的だといわれています。

魚のなかでも特にイワシやサバなどの青魚の脂肪に多く含まれる、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化の原因となる血栓の生成を防ぐとされています。

イメージ1

コレステロールを下げる食品を毎日の食事に

植物性の油に多く含まれている不飽和脂肪酸のなかで、エゴマ油、シソ油などに多く含まれるα−リノレン酸も、DHAやEPAと同様の作用があるとされています。

また、紅花油やひまわり油、キャノーラ油などに多く含まれているオレイン酸も、善玉コレステロールを下げずに、悪玉コレステロールだけを下げる成分として、近年注目されています。

その他に、食物繊維の多い食品もコレステロールを下げるとされています。

食物繊維は腸でコレステロールを吸着して、余分なコレステロールを体外に排泄物として排出させる作用があるからです。わかめ・昆布・きのこ・ひじき・豆類・こんにゃく・寒天など食物繊維の多く含む食品を、毎日の食事に加えてみてください。

イメージ2

ドロドロ血液
血液サラサラとか血液ドロドロなどとよく見聞きしますが、極端な場合を除けばドロドロよりはサラサラにこしたことはないというのは言うまでもありません。
血液がドロドロになっていたり、血管がボロボロになっていると血管が詰まり、脳や心臓の病気になりやすいのですから要注意ということです。
血液をドロドロにする原因としてはいろんな要因が挙げられますが、「水分補給不足」「脂っこいものや味の濃いものをよく食べる」「過激な運動」などの習慣も大きな要因となります。


コレステロール@健康メモの項目タイトル