コレステロール値の正常値(基準値)

総コレステロールで「220mg/dl以上」、悪玉コレステロール(LDL)で「140mg/dl以上」は注意。

コレステロール値の基準値(正常値)を知っておく

一般的にコレステロールが高いといわれるのは、

血中の総コレステロールで「220mg/dl以上」、悪玉コレステロール(LDL)で「140mg/dl以上」とされています。

日本動脈硬化学会の高脂血症診療ガイドラインにおける、高脂血症(脂質異常症)の診断基準として下記の数値が掲げられていますが、この検査値は体質、年齢、性別、食事内容、体調等で変化するため、定期的な健康診断を受けることが大切です。

また、あくまでも目安となる数値ですし、それぞれの数値の内訳によって対策も変わってきますので、基準値(正常値)を知っておくのは大切ですが、自己判断のみに頼らず専門医の指導をあおるように心掛けましょう。

イメージ1

コレステロール値による高脂血症の診断基準

<高脂血症(脂質異常症)の診断基準>空腹時の採血による数値

高コレステロール血症・・・・・・総コレステロール≧220mg/dl

高LDLコレステロール血症・・・LDLコレステロール≧140mg/dl

低HDLコレステロール血症・・・HDLコレステロール<40mg/dl

高トリグリセリド血症・・・・・・中性脂肪(トリグリセリド)≧150mg/dl

(日本動脈硬化学会の高脂血症診療ガイドラインより)

イメージ2

ドロドロ血液
血液サラサラとか血液ドロドロなどとよく見聞きしますが、極端な場合を除けばドロドロよりはサラサラにこしたことはないというのは言うまでもありません。
血液がドロドロになっていたり、血管がボロボロになっていると血管が詰まり、脳や心臓の病気になりやすいのですから要注意ということです。
血液をドロドロにする原因としてはいろんな要因が挙げられますが、「水分補給不足」「脂っこいものや味の濃いものをよく食べる」「過激な運動」などの習慣も大きな要因となります。


コレステロール@健康メモの項目タイトル