超悪玉コレステロールとは?

通常の大きさのLDLに比べて粒が小さい、超悪玉コレステロール。

超悪玉コレステロールは小型タイプのLDL

血液中のHDLとLDLのバランスが崩れてLDLが増え過ぎると、動脈硬化を引き起こさせるということから、「悪玉コレステロール」と呼ばれているLDLコレステロールですが、

通常の大きさのLDLに比べて粒が小さい、小型タイプのLDLを多く持っている人もいるそうです。

アメリカの調査研究において発表されたところによると、通常の大きさのLDLを多く持っている人よりも、小型タイプのLDLを多く持っている人の方が、心筋梗塞を引き起こす確率がおよそ3倍にまで高くなると述べられているようです。

このようなことから、「悪玉コレステロール」のなかでも小型タイプのLDLは、「超悪玉」といったところでしょうか。

イメージ1

超悪玉コレステロールと中性脂肪の関連

「超悪玉コレステロール」である小型タイプのLDLが増える要因として、中性脂肪が挙げられています。

中性脂肪が多くなるほど、それに伴い超悪玉コレステロールも多くなることが分かっているそうです。

「超悪玉コレステロール」を多く持つ人の目安としては、下記の条件に該当する場合が挙げられるとのことです。

・数年に渡り中性脂肪値が200mg/dl以上
・中性脂肪値が150mg/dl以上であり、それに加えて最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上、血糖値が110mg/dl以上

上記の条件はあくまでも目安なので、気になる場合は医療機関にて診断をしてもらうようにしましょう。

イメージ2

健康食品に認証マーク
健康食品の消費拡大に伴い、厚生労働省は成分基準の新設や認証マークの導入検討など、安全性確保のための総合的な対策づくりに乗り出し、2007年度中に取りまとめる方針とのこと。
検討会では色々と議論され基準を設ける対象や具体的内容、基準を満たした商品に認証マークを付け、それ以外と区別することなどを検討する。
現在においては「特定保健用食品(トクホ)」として許可された製品だけは国が審査しているが、それ以外の製品は製造・販売業者の責任に委ねられている。


コレステロール@健康メモの項目タイトル