超悪玉コレステロールとは?

通常の大きさのLDLに比べて粒が小さい、超悪玉コレステロール。

超悪玉コレステロールは小型タイプのLDL

血液中のHDLとLDLのバランスが崩れてLDLが増え過ぎると、動脈硬化を引き起こさせるということから、「悪玉コレステロール」と呼ばれているLDLコレステロールですが、

通常の大きさのLDLに比べて粒が小さい、小型タイプのLDLを多く持っている人もいるそうです。

アメリカの調査研究において発表されたところによると、通常の大きさのLDLを多く持っている人よりも、小型タイプのLDLを多く持っている人の方が、心筋梗塞を引き起こす確率がおよそ3倍にまで高くなると述べられているようです。

このようなことから、「悪玉コレステロール」のなかでも小型タイプのLDLは、「超悪玉」といったところでしょうか。

イメージ1

超悪玉コレステロールと中性脂肪の関連

「超悪玉コレステロール」である小型タイプのLDLが増える要因として、中性脂肪が挙げられています。

中性脂肪が多くなるほど、それに伴い超悪玉コレステロールも多くなることが分かっているそうです。

「超悪玉コレステロール」を多く持つ人の目安としては、下記の条件に該当する場合が挙げられるとのことです。

・数年に渡り中性脂肪値が200mg/dl以上
・中性脂肪値が150mg/dl以上であり、それに加えて最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上、血糖値が110mg/dl以上

上記の条件はあくまでも目安なので、気になる場合は医療機関にて診断をしてもらうようにしましょう。

イメージ2

男性の健康に関する意識
健康志向が高まりを見せる中、ある調査会社が世の中の男性がどの程度健康に対する意識的な取り組みを行っていたり、健康に対して危機感を抱いているのかを調査したところによると、
半数以上の男性が、「自分自身をメタボリック症候群またはメタボリック予備軍だと感じたことがある」と回答。
メタボリックという言葉自体の認知度がここ数年で広まったことも含め、日頃の食生活や運動不足に対しこのままでは危ないかも?と、密かに危機感を感じている世の男性方が二人に一人の割合にもなる。


コレステロール@健康メモの項目タイトル