コレステロールとは

コレステロールは血液中に含まれている脂質(脂肪)の一種です。

コレステロールは体に悪いもの?

コレステロールは中性脂肪などと同じく、血液中に含まれている脂質の一種です。

コレステロールは、私たちの食事をする際の食品から摂取するものと、私たちの体内で(肝臓などの臓器で合成される)つくられるものとがあります。

コレステロールに対して「なにかと身体に悪いもの!」といったイメージを持たれる方も多いと思われますが、

本来は私たちの体を構成する細胞膜の成分であったり、性ホルモンや副腎皮質ホルモンなどの原料や、胆汁の原料であり、コレステロールは体にとって非常に重要な成分なのです。

イメージ1

コレステロールが増え過ぎると

体の細胞膜や性ホルモンなどの材料になる大切な成分であるコレステロールですが、

食べ物からコレステロールを摂り過ぎたり、体内で必要以上に作り出してしまったりして、体内に増え過ぎてしまうと、高コレステロール血症や動脈硬化などの症状を招くおそれがあります。

コレステロールは、体内において血液中を運ばれるのですが、血液中で過剰になると、血管の壁にたまって血管が狭搾(きょうさく)した状態である動脈硬化になり、

その結果として、狭心症・心筋梗塞といった心疾患や、脳卒中・脳梗塞・脳血栓などといった脳血管障害などの重大な病気を招く原因となります。

イメージ2

健康食品に認証マーク
健康食品の消費拡大に伴い、厚生労働省は成分基準の新設や認証マークの導入検討など、安全性確保のための総合的な対策づくりに乗り出し、2007年度中に取りまとめる方針とのこと。
検討会では色々と議論され基準を設ける対象や具体的内容、基準を満たした商品に認証マークを付け、それ以外と区別することなどを検討する。
現在においては「特定保健用食品(トクホ)」として許可された製品だけは国が審査しているが、それ以外の製品は製造・販売業者の責任に委ねられている。


コレステロール@健康メモの項目タイトル