基礎体温の様々なパターン

一般的とされる基礎体温のグラフ・パターン以外に、不安定な状態が続く場合もよくあります。

基礎体温に不安定な状態が続く場合

基礎体温表・グラフの見方の項目にて、もっとも一般的とされる基礎体温のグラフ・パターンを示しましたが、

それとは異なるが、よく見られる基礎体温のパターンを幾つか紹介します。

基礎体温表に描かれるこれらの基礎体温パターンから、それぞれについてある程度のことを推測することは出来ますが、

基礎体温に不安定な状態が続く場合や、不安な時には専門医に受診しましょう。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

基礎体温表のさまざまなグラフ・パターン

基礎体温グラフ1

<高温期がない>

排卵していない可能性が高く、「無排卵性月経」が強く疑われます。

ただ特に異常がない人でも無排卵になることはあり、2〜3カ月測定してみて、高温期が確認できれば心配いりません。


基礎体温グラフ2

<高温期が短い>

高温期が短いという場合、黄体の働きが悪いということがまず想像されます。

2〜3カ月基礎体温を測って、毎回10日間をきるような人は黄体機能不全の疑いがあります。


基礎体温グラフ3

<高温期がずっと続く>

黄体ホルモンの分泌はふつう2週間ほどでストップします。

しかし、妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が止まらなくなるため、高温期が続きます。

このことから高温期が3週間以上続く時は妊娠の可能性があります。


基礎体温グラフ4

<高温期に低温期が混じる>

高温相が続かず、途中で体温が下がる日がある場合には、「黄体機能不全」といって、ホルモンのバランスが崩れたことが疑われます。

また、ストレスや自律神経が不安定なときにも見受けられ、妊娠しにくい状態でもあります。


[an error occurred while processing this directive]

基礎体温と妊娠@健康メモの項目タイトル