黄体機能不全とは

黄体の働きが悪く、黄体からのホルモン分泌が不十分になったり、黄体の存続そのものが短縮する状態。

基礎体温と黄体機能不全の推測

黄体ホルモン(プロゲステロン)というものは、基礎体温を上昇させ、妊娠を継続させるホルモンです。

黄体機能不全とは、黄体の働きが悪く、黄体からのホルモン分泌が不十分になったり、黄体の存続そのものが短縮する状態のことで、不妊症の原因のひとつにも挙げられています。

自分の基礎体温表をみて、下記のような所見があれば黄体機能不全を疑ってみる必要もあり、婦人科などの専門医にて受診されることが望ましいです。

高温期の日数が10日以内の場合
高温期と低温期の平均の差が0.3℃以内の場合

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

黄体機能不全の原因と診断

黄体機能不全は、不妊患者さんの約10%に見受けられるといわれています。

黄体機能不全になる決定的な原因として、視床下部、下垂体の機能異常、卵巣自体の異常などが挙げられたりしますが、明確なことはわかっていないようです。

糖尿病などの全身性の病気や喫煙などの嗜好品、精神的ストレスによって卵巣機能不全となり、黄体機能不全の症状を示すこともあるといわれています。

医療機関で受診すると、高温期の中頃に採血を行い、黄体ホルモン(プロゲステロン)濃度を調べ、この数値が10mg/ml未満であれば、黄体機能不全と診断されることが多いとされています。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

基礎体温と妊娠@健康メモの項目タイトル