基礎体温と妊娠に関わること

基礎体温を継続的に測ることによって、妊娠に関わってくる様々なことが把握出来ます。

基礎体温と妊娠について

基礎体温を継続的に測ることによって、妊娠に関わってくる様々なことが把握出来ます。

しかし、基礎体温によって得られる情報には限界があり、必ずしも正確な診断が可能とは限りません。

下記に基礎体温を継続的に測ることによって、およその判断ができる事柄を挙げておきます。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

基礎体温から判断ができる妊娠に関わる事柄

<排卵の有無の診断>
・排卵の有無を診断する方法は色々とありますが、基礎体温の測定もその一つです。
・2相性の基礎体温となっている場合には、排卵していると診断されます。

<排卵日の予測>
・低温相の終わりごろの体温が一番下がった日から数日の間に、排卵が行われると考えられています。
・月経不順の人などは排卵日がはっきりしない場合がありますが、高温相が9日以上あれば、低温相の終わりごろに排卵があったと考えられます。

<妊娠の判断>
・基本的には、基礎体温の高温相が16日以上続くときは妊娠している可能性が考えられます。
・但し、妊娠していなくても黄体が18日ぐらい黄体ホルモンを分泌し続けることもあるので、高温相が21日以上続いた場合に妊娠したと考えるほうが一般的です。

<不妊の可能性>
・基礎体温の高温相が9日以内と短かったり、低温相と高温相の差が0.3℃以内のときは、不妊症の原因にもなる「黄体機能不全」の疑いがあります。

<流産の可能性>
・一般的に妊娠すると高温相が続き、およそ13〜14週目ごろから下降し、低温相に戻ります。
・以上のことから、21日以上高温相が続いたあと出血が起こる場合は、流産の可能性が考えられます。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

基礎体温と妊娠@健康メモの項目タイトル