クロロゲン酸

クロロゲン酸はコーヒー豆に含まれる抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種

クロロゲン酸を含む食品と効能・効果

クロロゲン酸はコーヒー豆に含まれるコーヒーの独特の香りや苦味を形成する成分の一つで、活性酸素に対する抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種です。

このクロロゲン酸を含むコーヒーには、ガンや老化などの誘因となる活性酸素を除去する抗酸化作用だけでなく、

血糖値を抑制する作用に関わっている可能性が挙げられ、生活習慣によって引き起こされる「2型糖尿病」の予防に効果が期待できるなどとも研究報告がされているようです。

また、クロロゲン酸は肝臓での脂肪燃焼を促進する作用があると考えられており、クロロゲン酸と同じくコーヒーに含まれるカフェインの脂肪分解を促進する作用との相乗効果により、ダイエットの効果が期待できるとして話題にもなっています。

クロロゲン酸の働きとして他には、発がん性物質を生成やガン細胞の浸潤を抑制する作用がといった実験報告も行われているそうです。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

「コーヒーポリフェノール」とも呼ばれるクロロゲン酸

クロロゲン酸はコーヒー豆に多く含まれていることから、「コーヒーポリフェノール」などと呼ばれていることもあるみたいですが、クロロゲン酸は熱に弱く、焙煎工程でコーヒー豆に含まれているクロロゲン酸量はほとんど失われてしまうそうです。

そういった理由から、最近では食品や飲料メーカーなどが、独自の特殊製法により焙煎及び抽出したクロロゲン酸含有量の多いインスタントコーヒーなどを販売しているようです。

クロロゲン酸の他にカフェインも含まれているコーヒーには、いろいろと健康面で効果的な作用を期待できることを先に述べてきましたが、

お酒をよく飲んだ翌日にありがちな、二日酔いの時に生じる頭痛の解消にも効果的であるらしく、コーヒーに含まれるカフェインが、頭痛の原因である「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質を体外に追い出して、脳の血液の循環をよくすることで頭痛が緩和されるそうです。

ちなみにクロロゲン酸はコーヒー豆に多く含まれていることで知られていますが、ゴボウやジャガイモなどにも含まれているそうです。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

ポリフェノールと活性酸素の基礎知識

ポリフェノールの種類・仲間と効能・効果