すい炎(膵炎)とは?

すい炎(膵炎)とは、すい臓が炎症を起こした状態のことをいうものです。

病気も欧米化

昔に比べると食事や生活様式がすっかり欧米化した日本では、 病気も欧米人に多かった種類のものが増えてきており、すい炎(膵炎)もその一つです。

その原因にはアルコールの多飲や、動物性脂肪の多い食べ物をたくさん摂り過ぎるなど食生活の欧米化が一端を担っているといわれています。

慢性すい炎は年間約3万人の患者さんが治療を行っており、また死亡する危険性がとても高い「重症急性すい炎」では、毎年約1500人の患者さんが発症しているとのことらしいです。

(1994年に行われた厚生省特定疾患難治性膵疾患調査研究班による全国調査より)

イメージ1

すい炎(膵炎)が起こるプロセス

すい臓から分泌される消化酵素は、食事から摂取した蛋白質、脂質、糖質などを消化する強力な酵素であり、

その強力な消化酵素によって自らのすい臓を溶かしてしまうのを防ぐために、健康な人のすい臓では生体内で巧妙な仕組みが働いています。

ところが、何らかの理由でその仕組みが乱れて消化酵素がすい臓内で働き出すと、すい臓は自分で分泌した消化酵素によって消化作用を受けてダメージが生じる場合があります。

この状態がすい炎(膵炎)であり、炎症が短期間で急激に起こる「急性すい炎」や、 長期間に渡ってジワジワと起こる「慢性すい炎」に区別されます。

イメージ2

【すい臓関連ニュース&トピックス】

ガンの進行度を示すものに「病期(ステージ)」というものがあるということをご存知の方も多いと思われますが、この病期の分類はガンの種類によって異なってきます。

すい臓がんの病期(ステージ)の診断としては、日本膵臓学会の規約による分類もしくは国際的な分類であるUICC分類のどちらかが用いられています。

分類の内容が多少異なるものの、最も早期であるとされる「ステージI」に関してはどちらの場合も、リンパ節への移転がないということと、ガンの大きさが2cm以下で膵臓内にとどまっているといった場合に該当します。


トランス脂肪
トランス脂肪(トランスファット)とは、植物性油(や魚油)を部分水素化という化学反応をさせてマーガリン、ショートニングなどを製造する過程で生じる、
”狂った脂肪酸”(異常で不健全な結合)、いわば「奇形油脂」のことであり、トランス脂肪を過剰に摂取すると、
血液中の悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少を促進し、心臓病のリスクが高まるなどといわれています。
アメリカでは、米国医学学会の発表を受けて、全ての加工食品にトランスファット含有量の表示義務規制が2006年1月1日から実施されています。


すい炎(膵炎)の項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧