すい臓の頭部に発生する膵頭部がん

すい臓がん(膵臓癌)のおよそ6〜7割がすい臓の頭部に発生する「膵頭部がん」です。

膵臓がんの発生部位

すい臓(膵臓)は、頭部、体部、尾部の3部分に分けられ、

すい臓がん(膵臓癌)は、癌の発生部位によってそれぞれ呼称があり、膵頭部癌・膵体部癌・膵尾部癌と呼ばれます。

すい臓がん(膵臓癌)のなかでも約60〜70%が膵頭部に発生する膵頭部癌であるといわれ、最も多くを占めています。

また、がんの発生部位により症状は変わるとされています。

イメージ1

すい臓がんの初期症状

すい臓がん(膵臓癌)には、これといった特徴的な初期症状が無いといわれており、あったとしても、何となくお腹がおかしいと感じる程度のことが多いようです。

また、食欲低下・体重減少・腹部の違和感・痛みなどの不定症状は、膵臓がんに限らない症状なのでなかなか判断は困難です。

このように、それらの症状が他の多くの疾患の症状に似ているため、すい臓がんの初期段階での早期発見が難しくなるようです。

イメージ2
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]

すい臓がん(膵臓癌)の項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧