中性脂肪値(基準値・正常値)

中性脂肪(トリグラセライド・TG)の基準値は空腹時において50〜149mg/dl

中性脂肪値のチェック

中性脂肪がどのくらい貯まっているかということは、血液検査でわかります。

会社の健康診断や病院で血液検査した際などの結果で、チェックしてみましょう。

検査結果の項目名は「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」のいずれかになっているとおもいますので、その項目の数値で判断出来ます。

中性脂肪(トリグラセライド・TG)の基準値(正常値)は空腹時において50〜149mg/dlとされています。

イメージ1

中性脂肪と高脂血症

中性脂肪の正常値は150mg/dl未満ですので、この数値より高いと「高脂血症」と診断されます。

高脂血症とは生活習慣病の1つであり、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が、多過ぎる病気のことです。

高脂血症には下記の3つのタイプがあります。

高コレステロール血症・・・コレステロールのみが多いタイプ
高中性脂肪血症・・・中性脂肪のみが多いタイプ
高コレステロール高中性脂肪血症・・・コレステロールと中性脂肪の両方とも多い

イメージ2

高脂血症から動脈硬化

高脂血症でもどのタイプかによって治療も違ってきますので、お医者さんの診断をきちんと聞き入れ、改善に対する指導や治療を受けるようにしましょう。

また、高脂血症と診断されてからも、これぐらいの数値ならまだまだ大丈夫だろうと判断してそのまま放置しおいたり、

今までと同じような食生活をはじめとする生活習慣を続けていると、

増えた脂質がどんどん血管の内側にたまって、やがては生活習慣病のひとつとされる「動脈硬化」になってしまいます。

イメージ3

ドロドロ血液
血液サラサラとか血液ドロドロなどとよく見聞きしますが、極端な場合を除けばドロドロよりはサラサラにこしたことはないというのは言うまでもありません。
血液がドロドロになっていたり、血管がボロボロになっていると血管が詰まり、脳や心臓の病気になりやすいのですから要注意ということです。
血液をドロドロにする原因としてはいろんな要因が挙げられますが、「水分補給不足」「脂っこいものや味の濃いものをよく食べる」「過激な運動」などの習慣も大きな要因となります。


中性脂肪@健康メモの項目タイトル