下肢静脈瘤の治療方法の比較

下肢静脈瘤の治療方法として病院やクリニックなどの医療施設にて行われている治療法の比較

下肢静脈瘤の治療方法の比較【圧迫療法】【硬化療法】

下肢静脈瘤の治療方法には、

静脈瘤の進行防止・症状の軽減が治療目的となる保存的療法としての「圧迫療法」、静脈瘤の根治的な改善を目的とした「硬化療法」「高位結紮術」「ストリッピング治療」「レーザー治療」といった具体的な治療方法が、病院やクリニックなどの医療施設にて主に行われています。

圧迫療法
【メリット】手術などが伴わず患者さんにとって不安感が少なくて済み、手軽に治療が始められる
【デメリット】静脈瘤の症状の軽減や進行を止める程度の効果で、根治を目的とした治療方法ではない

硬化療法
【メリット】入院せずに治療ができ他の手術療法と比較しても、患者さんにとって身体的な負担が少ない
【デメリット】極めて軽症の患者さんにのみ有効で静脈瘤の再発が多く、患部付近に色素沈着が生じる可能性もあり

健康・医療イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

下肢静脈瘤の治療方法の比較【高位結紮術】【ストリッピング治療】【レーザー治療】

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)
【メリット】局所麻酔を使用で日帰り手術が可能なので入院の必要がなく、切開する皮膚の長さも数センチ程度で済む
【デメリット】高位結紮術のみの治療では静脈瘤が十分に改善されない場合や、手術しても再発することが多い

ストリッピング治療(静脈抜去術)
【メリット】最も標準的な治療方法なので治療成績も安定しており、静脈瘤の再発自体も少ない
【デメリット】通常の手術方法では入院が必要であり、手術後に痛みや皮下出血などの副作用が生じることもある

レーザー治療
【メリット】局所麻酔で手術時間が短いので日帰り手術が可能で、傷痕も小さくて済み、治療効果も極めて高い
【デメリット】まだレーザー治療を行っている病院は多くなく、健康保険適用ではないため自由診療での治療となる

健康・医療イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

下肢静脈瘤@健康メモ【情報項目】