下肢静脈瘤の手術療法

下肢静脈瘤の手術を伴う治療方法には、【高位結紮術】【ストリッピング手術】【レーザー治療】が行われています

下肢静脈瘤の根治を目的とした手術を伴う治療方法

下肢静脈瘤の根治を目的とした手術を伴う治療方法には、

静脈瘤の症状の程度はもとより、入院しての治療か日帰りで行える手術なのかといった、患者さん側の希望などに沿った上で、病院やクリニックなどの医療施設にて幾つかの方法が行われています。

具体的な下肢静脈瘤の手術療法には、「高位結紮術」「ストリッピング手術」「レーザー治療」などが挙げられ、

いずれの手術方法も基本的に、下肢静脈瘤の原因となっている静脈弁の機能不全による血液の逆流を無くすことと、出来てしまった静脈瘤を取り除くことで根治を目指す治療に変わりはありませんが、

それぞれに入院の必要性や手術に掛かる時間、治療費用などに違いがあり、手術に伴う麻酔の方法をはじめ、傷口の大きさ、手術後の痛みや患部付近の皮膚に生じる色素沈着などといった副作用の程度も異なってきます。

健康・医療イメージ1

下肢静脈瘤の手術療法である高位結紮術・ストリッピング手術・レーザー治療

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)

弁の機能不全を起こして静脈瘤の原因となる、血液の逆流が起こっている静脈を高い位置(大伏在静脈という太い血管が大腿静脈に流入する箇所)で縛ってから一部を切除する治療方法。硬化療法と併用して行われることが多い。

ストリッピング手術(静脈抜去術)

足のつけね部分と足首の部分という2カ所を切開して、静脈瘤のある伏在静脈にワイヤーを挿入し、静脈とワイヤーを結んでから、ワイヤーを引き抜くことによって静脈を一緒に抜き取るという手術方法。

レーザー治療

血液の逆流を起こしている伏在静脈の中へ、極めて細いレーザー・ファイバーを入れてから、レーザー照射することにより熱で静脈を焼いて閉塞させるという血管内治療です。患者さんにとって身体的なストレス、生体機能のダメージが少なくて済み、治療効果も極めて高い。

健康・医療イメージ2

隠れ糖尿病
糖尿病といいますと日本では、糖尿病予備軍も含めて多くの人が患っている病気ですが、通常の健康診断では見抜くことができないと言われている新しいタイプの糖尿病である「隠れ糖尿病」というのが話題になっているそうです。
隠れ糖尿病の特徴は、空腹時の血糖値は正常なのに、食後に特殊な検査をすると血糖値が糖尿病患者なみの数値まで跳ね上がるとのことです。
日本人の場合、空腹時の血糖値が正常な人のおよそ3割がこの体質を持つという研究まであるらしく、空腹時の血糖値だけではなく、食後の血糖値の急上昇にも注意が必要だと言われ始めています。


下肢静脈瘤@健康メモ【情報項目】