尿酸値を下げるには

尿酸値を下げる方法として、まず尿酸値が高くなる原因を把握しなければいけません

尿酸値を下げるには食生活をはじめ生活習慣の改善を

尿酸値を下げる方法として、まず尿酸値が高くなる原因を把握しなければ対処の仕方を判断しかねると思います。

尿酸値が高くなる原因としては、一般的に食生活の問題・アルコールの飲み過ぎ・ストレス過多・激しい運動のやり過ぎなどが挙げられ、

他にも、遺伝的要因や患っている他の病気の影響および、服用している薬の影響なども関係してきます。

尿酸値が高くなる原因の中でも、日常的の食べている食べ物の内容と飲酒の量の影響で体内の尿酸が増えることが多く、普段からの食生活の改善を行う事で尿酸値を下げることに大きく貢献します。

また、痛風患者さんの半分以上が肥満であり、肥満を解消して体重を減らす事で、尿酸値も改善されだすとされています。

健康・医療イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

尿酸値を下げるための薬物治療

尿酸値の基準値としては、男女ともに血清尿酸値が7.0mg/dl以下であれば正常値であり、7.0mg/dl以上であれば「高尿酸血症」と診断されます。

一般的に医療機関で血清尿酸値が8.0mg/dl以上を超えている場合には、尿酸値を下げるために「薬物治療」の実施を行うかどうかの診断が考慮されだされるようです。

尿酸値を下げるための薬物治療には、体内で尿酸が作られる量を減少させる薬と、尿酸を体外に排出する作用を促進させる薬などがあり、

個人個人の患者さんの症状により治療に用いられる薬は、診察を行った上で医師の判断に基づき選ばれます。

定期的な健康診断などの結果で、尿酸値が正常値よりかなり高いと心配されている場合には、一度病院で再検査を受診される事が良いと思います。

健康・医療イメージ2

[an error occurred while processing this directive]

尿酸値@健康メモ【情報項目】