膵炎とお酒・タバコ

膵炎は大量飲酒と喫煙と言った悪い生活習慣を有する人に多く見られます。

膵炎とアルコールの大量摂取

膵炎になる誘発要因としては、胆石症、胆道炎、脂肪の豊富な食べ物の過食、長期にわたる過度の疲労・ストレスなど、さまざまな要因がいわれるのですが、

そんな中でも、アルコールの多飲が最大の誘発要因らしいともいわれており、慢性すい炎の半分以上がアルコール性であるといわれています。

そして、その傾向は男性に多いようだともいわれています。

イメージ1

膵炎とタバコの喫煙

慢性膵炎の原因として、アルコール性のものが多いと先に述べましたが、アルコールだけではなく、タバコの喫煙も関係していることが明らかにされているらしく、

ある統計の結果からは、タバコを吸うと慢性膵炎に罹りやすいと言われています。

ただし、アルコール性膵炎の患者さんの8割は喫煙家だともいわれており、確たる因果関係と言うまでのものであるかどうかは判断の難しいところだそうです。

イメージ2

【すい臓関連ニュース&トピックス】

ガンの進行度を示すものに「病期(ステージ)」というものがあるということをご存知の方も多いと思われますが、この病期の分類はガンの種類によって異なってきます。

すい臓がんの病期(ステージ)の診断としては、日本膵臓学会の規約による分類もしくは国際的な分類であるUICC分類のどちらかが用いられています。

分類の内容が多少異なるものの、最も早期であるとされる「ステージI」に関してはどちらの場合も、リンパ節への移転がないということと、ガンの大きさが2cm以下で膵臓内にとどまっているといった場合に該当します。


美容外科ならぬ美容内科
メスを使う美容整形や美容外科とは一線を画し、内科医の立場から美容を含めた診察・治療を行う「美容内科」という“美容ジャンル”が少し前からあるようです。
美容業界ではアンチエイジング(抗加齢治療)や体内毒素を排出するデトックスなど、最近よく耳にする美容関連キーワードに共通するのは「体内から美しく健康に」という考え方が主流のようで、
今まで主流であった整形外科医ではなく内科医の先生が開業した、肥満や美容対策を専門としたクリニックにも人気が定着してきているそうです。


すい臓(膵臓)について項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧