膵炎とお酒・タバコ

膵炎は大量飲酒と喫煙と言った悪い生活習慣を有する人に多く見られます。

膵炎とアルコールの大量摂取

膵炎になる誘発要因としては、胆石症、胆道炎、脂肪の豊富な食べ物の過食、長期にわたる過度の疲労・ストレスなど、さまざまな要因がいわれるのですが、

そんな中でも、アルコールの多飲が最大の誘発要因らしいともいわれており、慢性すい炎の半分以上がアルコール性であるといわれています。

そして、その傾向は男性に多いようだともいわれています。

イメージ1

膵炎とタバコの喫煙

慢性膵炎の原因として、アルコール性のものが多いと先に述べましたが、アルコールだけではなく、タバコの喫煙も関係していることが明らかにされているらしく、

ある統計の結果からは、タバコを吸うと慢性膵炎に罹りやすいと言われています。

ただし、アルコール性膵炎の患者さんの8割は喫煙家だともいわれており、確たる因果関係と言うまでのものであるかどうかは判断の難しいところだそうです。

イメージ2

【すい臓関連ニュース&トピックス】

すい臓がんは癌がある程度まで進行するまで特徴的な自覚症状が特にないということと、すい臓という臓器のある場所が胃の後ろ側といったことから早期発見が困難であると言われていて、診断時点においては既に他の器官に転移してしまっているケースがかなり多いようです。

そのように転移している場合に多くみられるのが、「リンパ節」「肝臓」「肺」といった部分であるということから、癌の進行度を判断するためにもこれらの器官へ転移しているかどうかの診断が行われます。


男性の健康に関する意識
健康志向が高まりを見せる中、ある調査会社が世の中の男性がどの程度健康に対する意識的な取り組みを行っていたり、健康に対して危機感を抱いているのかを調査したところによると、
半数以上の男性が、「自分自身をメタボリック症候群またはメタボリック予備軍だと感じたことがある」と回答。
メタボリックという言葉自体の認知度がここ数年で広まったことも含め、日頃の食生活や運動不足に対しこのままでは危ないかも?と、密かに危機感を感じている世の男性方が二人に一人の割合にもなる。


すい臓(膵臓)について項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧