膵臓をいたわる食事

すい臓(膵臓)に負担を掛けぬよう、インスタント食品や塩分を多く含む加工品などはなるべく控える。

膵臓をいたわる食事療法

料理をするにあたっては、揚げる・炒めるよりは、茹でる・煮る・蒸すといった調理法を選びましょう。

すい臓(膵臓)の炎症により消化酵素の生成、分泌が低下して食物の消化が悪くなるので、消化のよい食品を選びましょう。

基本的に料理の味付けは全体に薄めにしましょう。

インスタント食品などや塩分を多く含む漬物、佃煮、干物、ハム・ソーセージなどの加工品などはなるべく控えましょう。

イメージ1

ビタミンの補充

既に、すい炎(膵炎)や・すい臓がんを患っている場合には、脂肪の制限の食事療法によって、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の不足が心配されます。

そのような場合、必要に応じて脂溶性のビタミン(ビタミンA・D・E・K)を補う必要があります。

すい臓(膵臓)を患った場合、これまで述べた食事療法の他に、毎日の生活に於いて過度の疲労やストレスを溜め込まないなど、

規則正しい日常生活を送ることを基本に、きちんと自己管理を行うことが大切です。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

すい臓と食生活の項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧