脂肪分を摂りすぎない食生活

食事は炭水化物(糖質)中心の低脂肪食とし、必要なカロリーは糖質で補う。

炭水化物(糖質)中心の低脂肪食

脂質はタンパク質や糖質に比べ、すい液分泌の刺激となりますので、脂っこい食事を控えるように心掛けましょう。

基本的に食事は炭水化物(糖質)中心の低脂肪食とし、必要なカロリーは糖質で補うようにします。

脂身の多い肉、脂肪分の多いアイスクリーム、スナック菓子類などを頻繁に食べている人は注意が必要です。

すい臓(膵臓)機能に負荷をかけない消化の良い食品を摂るようにしましょう。

イメージ1

刺激の強い食品は避ける

刺激物(カフェイン・炭酸飲料・香辛料)は控えるようにしましょう。

刺激の強い食品としては、コーヒー、炭酸系の飲み物、こしょう、わさび、カレー、酸っぱいものなどが挙げられますが、

これらを過剰に摂りすぎるとすい臓に負担をかけてしまいますので注意が必要です。

その他に、タバコに含まれるニコチンが胃酸の分泌を高めて刺激を促すので、喫煙も控えるように心掛けましょう。

イメージ2

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

すい臓と食生活の項目タイトル

すい臓(膵臓)カテゴリー別記事一覧